名誉会長あいさつ

南太平洋戦没者慰霊協会   名誉会長   元内閣総理大臣   森 喜朗

この度、サウス・パシフィック・メモリアル・アソシエーション・インコーポレイテッド(南太平洋戦没者慰霊協会)の役員会におきまして、名誉会長にご推挙賜りました。

協会創立時から関与しており、今でもしばしばグアム島ジーゴの平和公苑を訪れ、第二次世界大戦の折、南太平洋で戦没された方々を慰霊してまいりました。

特に昨年まで、硫黄島懇話会の会長も致しており、ご遺骨の回収に微力を尽くしてきました。まさに先の大戦で、太平洋をはじめ、多くの海で眠っておられる英霊のおかげで、今日の日本があることに思いをいたさねばなりません。

今後も南太平洋戦没者慰霊協会を通じ、世界の恒久平和を祈念してまいりたいと思っております。当協会に対しご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。



顧問あいさつ

南太平洋戦没者慰霊協会  顧問  内閣総理大臣  安倍晋三

南太平洋戦没者慰霊協会の役員会で推挙され、顧問に就任することになりました安倍晋三でございます。

本協会は、南太平洋の戦域で最も激しい戦いが行われたグアム島に全ての戦没者を合祀する慰霊塔と平和公苑を建設し慰霊事業を推進してきた団体であると伺いました。世界の人びとが平和に共存できるよう願いを込めて、協会の推進する慰霊事業に協力して参ります。

皆様方におかれましても、本協会の慰霊事業にご理解とご協力をお願いいたします。



会長あいさつ

南太平洋戦没者慰霊協会  会長  参議院議員  衛藤晟一

南太平洋戦没者慰霊協会の役員から会長就任の要請を受け、弱輩者ではございますが、会長に就任させていただくことになりました。

先の大戦において、激戦の地となった、グアム・ガダルカナル・ボルネオなど、南太平洋戦域では、多くの方々が祖国の安泰を信じ、異郷の地で散華されました。日本軍の戦没者はもとより、連合軍の将兵や現地の住民も含め、亡くなられた全ての御霊の供養と平和を祈念して、協会の慰霊事業を継承してまいる所存でございます。どうか、ご指導の程、お願い申し上げます。



spacer
spacer
平和慰霊公苑平和慰霊公苑イメージ
spacer

公苑の概略

グアム平和慰霊公苑への案内図を掲載しています。
平和慰霊公苑
spacer
役員名簿